Laravel

【Laravel】マイグレーション実行(MySQL)

0)mysqlに、データベースを作成する
1).envファイルと、/config/database.phpの設定値を確認する

——.env————-

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=demo //作成済みのDB
DB_USERNAME=root@localhost /mysqlのユーザー
DB_PASSWORD=

——–database.php——————
‘mysql’ => [
‘driver’ => ‘mysql’,
‘host’ => env(‘DB_HOST’, ‘127.0.0.1’),
‘port’ => env(‘DB_PORT’, ‘3306’),
‘database’ => env(‘DB_DATABASE’, ‘demo’),
‘username’ => env(‘DB_USERNAME’, ‘root@localhost’),
‘password’ => env(‘DB_PASSWORD’, ”),
‘unix_socket’ => env(‘DB_SOCKET’, ”),
‘charset’ => ‘utf8mb4’,
‘collation’ => ‘utf8mb4_unicode_ci’,
‘prefix’ => ”,
‘strict’ => true,
‘engine’ => null,
],

2)マイグレーションファイル生成
php artisan make:migration create_users_table

⇒/database/migrations 内にファイルが生成される

3)マイグレーションファイル内の、テーブル名、カラムの種類・名前などを設定する

4)マイグレーション実行
php artisan migrate

5)mysqlのDBに、テーブルが作成される