AWS

AWSについての基礎知識まとめ

EC2とは

・AWSクラウド上の仮想サーバー

・「EC2インスタンス」とは、EC2から立てられたサーバーのこと

・「起動が早い」「サーバーを立てたり削除したりが極めて容易」

EC2作成手順

  1. AMI(インスタンス起動に必要な情報が入ったOSのイメージ)の選択
  2. インスタンスタイプ(サーバーのスペック)の選択
  3. ストレージ(サーバーに付与するデータの保存場所)の追加
  4. セキュリティグループの設定
  5. SSHキーペアの設定

ROUTE53とは

・独自に取得したドメインを、AWSのWebサーバーと紐づける役割のもの。

DNSサービスの、ネームサーバー。

・独自ドメインと、AWSのWebサーバーのIPアドレスとを紐づける

・ブラウザから独自ドメインをURL欄に入力してアクセスすることで、ブラウザにて目的のページ(AWSのWebサーバーからのレスポンス)が表示されるようにする際に用いる

・お名前.comでドメインを購入した場合、どのドメインのネームサーバーはお名前.comのものがデフォルトになっている。

AWSでそのドメインを使用できるようにするためには、ROUTE53でそのドメイン名のホストゾーンを作成し、AWSが用意したネームサーバーを、お名前.comのドメイン設定内で適用(上書き)させる必要がある。

・また、ROUTE53のホストゾーン内のレコードセットに、Aレコード(ドメインに紐づくIPアドレス)を追加する必要がある。

・最終的に、

dig simple-sample.work NS +short

で表示されるネームサーバー設定が、AWSが用意したものになっていれば、

ブラウザで独自ドメインにアクセスすると、AWSのWebサーバーからのレスポンスが表示されるようになる。